読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seasoning+

人生にスパイスを。

ブレンドコーヒー

昨晩、元彼と電話をした。彼との最後は、ちょっとしたすれ違いでお互いが酷く後悔をした、後ろ髪引かれる別れだった。その後、私に恋人が出来たと勘違いした彼は、容姿が私によく似た彼女をつくった。穏やかで控えめな彼女の名前は「ゆき」といって、私は冬が…

18時

日曜日、男を難波へと連れ出した。今日はあったかいよ、とLINEを送ると彼はニットで私を待っていた。うっかりして10分遅刻した私は、電車に揺られながら謝罪の言葉ばかりを考えていた。時刻は14時。彼と腕を組み、30cmもの身長差を埋めるように履いたブーツ…

標本

14歳上の男と知り合ったのは去年の夏のことだ。 偶然に母校を同じくした私たちは、7月に初めて顔を合わせることになる。 危ない物に指先で触れて、 「あぁ、痛い」 と顔を顰めながら絆創膏を貼る予定だったのだけれど、 男が隠し持っていた刃は私の腹部を貫…

アドバルーン

私宛に、「愛してる」とか「好きだ」とかスーパーで残り物として売られて、夕方には半額のシールが貼られてしまうようなチープで、「どうか買ってくれ」と縋るような言葉をアドバルーンに結んで飛ばしてほしい。私は校舎の窓から、それを見つけてバカみたいに「私の…